読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然治癒力で健康維持!天然チャーガで免疫力アップ

チャーガ愛用者による健康・自然治癒力・免疫力・ガン情報・食生活改善情報発信ブログです。

チャーガ茶(和名カバノアタケ)の成分/βグルカンの効果効能副作用

お茶 βグルカン 効果 効能 チャーガ茶(和名カバノアタケ)の成分/βグルカンの効果効能副作用

チャーガの主要成分:β(1,3)グルカンの効果効能

 

アガリクスの主要成分として有名になったβ(1,3)グルカンは、免疫力を高めて、ガンを予防する効能があると言われています。

 

◆がんの抑制効果により、がん細胞が残っていても細胞の増殖を抑えることができるので、がんの再発や転移の予防効果も期待できます。

 

◆インフルエンザなどの感染症に対しても重症化を防ぐ効果があることが研究結果で明らかになっています。

 

◆そしてチャーガにはアガリクスの3~4倍のβ(1,3)グルカンが含まれています。

 

◆β(1,3)グルカンはコレステロール値を下げる効果があります。

 

◆β(1,3)グルカンには、ガンの進行を遅らせる効果や化学療法の副作用を減らす効果が期待されています。

 

◆β(1,3)グルカンは、マクロファージを活性化させます。
マクロファージは、免疫応システムの中で、異物に最初に作用する物質になります。

 

◆β(1,3)グルカンは腸内環境を整える効果があります。

 

◆β(1,3)グルカンは高分子(分子サイズが大きい)なので、一般的な摂取方法では残念ながら、体内に吸収される割合がすくない成分となります。

 

◆β(1,3)グルカンは体内に吸収されてしまえば、数ヶ月は脾臓や肝臓に留まって効能を発揮することが研究で判明しています。

 

◆チャーガのβグルカンはβ(1,3)グルカンです。

βグルカンにも種類がありますので注意が必要です。

β(1,3)グルカンと明記されている製品を選ぶことをオススメします!

 

チャーガの主要成分:β(1,3)グルカンの副作用・安全性

◆β(1,3)グルカンは合成された薬物ではないので、どなたでも摂取可能です。

 

◆チャーガは古くから漢方として使われてきました。

漢方にはランクがあり、チャーガは上薬に分類されます。

他の薬と併用しても効果を妨げず、副作用を抑える効果があります。

※尚、効果は強いが副作用も強く長期間の服用に適さない漢方を下薬と云います。

 

◆きのこアレルギーの方、免疫抑制剤使用の方は、ご利用をお控えください。
※免疫力を高める効果が強く期待されますので、免疫抑制剤の効果を相殺する可能性があります。

 

 

 

 

チャーガ茶の成分効果効能副作用:関連記事

 

 

お薦め健康チャーガ茶

 

1.Puriet Chaga Tea

f:id:tippofree:20170131213928j:plain

 

  • 3g×30包入りで 350mlペットボトル120本分以上の健康茶煮出せる。
  • 独自酵素処理をしていて、β(1,3)グルカンなどの有効成分の吸収率が大幅に向上している。
  • 生命力が強いロシアの白樺から採取したチャーガを使用。
  • サイトの説明が詳しい。
  • きのこ博士米山誠先生推奨!
  • 1パック8,880円送料無料、お得な販売価格設定も有り

 

2.カバノアナタケ茶「白樺のめぐみ」

  • 内容量 3g x 30パック 15,000円(税抜)
  • 天然チャーガ使用・国産(北海道)

 

3..天の恵み 樺のあな茸茶

  • 内容量 1g x 30パック 6720円(税込)
  • 天然チャーガ使用

 

 

 

 

 

今回の記事、少しでも参考になりましたでしょうか。

クリックやシェアをして頂いてとても励みになってます。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする