自然治癒力で健康維持!天然チャーガで免疫力アップ

チャーガ愛用者による健康・自然治癒力・免疫力・ガン情報・食生活改善情報発信ブログです。

がん治療の新手法につながるか。「銅67」を大量生成:ガン放射線療法

現在の主なガン治療方法

1.放射線療法

2.外科療法

3.抗がん剤療法

4.免疫細胞療法

 

 

その中の一つが紹介されていました。

個人的意見としては、は免疫療法+手術または抗がん剤療法が良いと考えています。

 

放射線治療を積極的に勧めない理由
  • 胃がんや大腸がん:動きが複雑で正確な放射線照射が難しい。
  • 一度放射線治療を行った部位に再発した場合、同一部位には放射腺治療ができない。理由は、正常細胞が再度の放射腺治療に耐えられないから。
  • 放射線はガン細胞(腫瘍)だけではなく、正常な細胞にも影響する。結果、放射線を原因としたガンが発生する危険がある。
  • 晩発性放射線障害・皮膚炎などの副作用になりやすい。重症化することもある。

 

ただし、選択肢情報を提供していくために、最新情報をシェアします。
 

ガン治療の最新情報をシェアしていきます。

 

 量研機構が開発、従来の100倍以上の効率

 量子科学技術研究開発機構(量研機構)量子ビーム科学研究部門の橋本和幸上席研究員らは、がん治療用のベータ線と画像診断用のガンマ線を同時に放出する放射性同位元素(RI)「放射性銅67」を、従来の100倍以上の効率で大量生成する手法を開発した。従来法は、がんの診断・治療に必要な量を作るのが難しかった。新手法により、銅67を使ったがん診断・治療薬の実用化が期待される。

 千代田テクノル(東京都文京区)との共同研究。銅67を使うことで、がん細胞への薬剤の集積度をガンマ線で画像診断しながら、ベータ線でがんを攻撃できる。こうした診断と治療を市販のRIで行う場合、診断用のRIと治療用のRIを組み合わせる必要がある。

 一般にRIは、加速器で加速した陽子や原子炉で得た中性子を原料物質に照射し、その原料物質の原子核中の陽子や中性子をはじき出す手法で作る。ただ銅67の場合は生成できる量が少ない上、不要なRI「銅64」が銅67の10倍以上作られてしまう難点があった。

 新手法は、まず加速器で加速した重陽子をベリリウムの板に衝突させ、原子炉の中性子よりも10億倍以上エネルギーの高い中性子を得る。この中性子亜鉛同位体である「亜鉛68」に照射することで、銅64の生成を微量に抑えつつ銅67を大量に製造。さらに化学的な処理により原料の亜鉛を除去することで、高純度の銅67を得ることができた。

 

引用:がん治療の新手法につながるか。「銅67」を大量生成

 

 

 

 

f:id:tippofree:20170202231041p:plain

 

 

あきらめない方を応援するチャーガ製品をご紹介します

 

1.Puriet Chaga Essence

f:id:tippofree:20170201091904p:plain

  • 最新の濃縮製造
  • 手作業で限界まで有効成分を抽出
  • 経口で必要な成分を充分に摂取できない方に最適。
  • 独自酵素処理をしていて、βグルカンなどの有効成分の吸収率が大幅に向上している。
  • 生命力が強いロシアの白神がから採取したチャーガを使用。
  • サイトの説明が詳しい。
  • きのこ博士米山誠先生推奨!
  • 1パック8,880円送料無料、お得な販売価格設定も有り

 

2.チャーガ酒 「黒宝霧島」

  • 濃縮度合いは記載なし
  • 濃縮方法記載なし
  • 美味
  • 内容量: 900ml 2,315円

 

3.高濃縮タイプ(スーパーキング樺茶)カバノアナタケ茶エキス

  • 高濃縮タイプ
  • 濃縮度合いは記載なし
    濃縮方法記載なし
  • 高濃縮したものはより効果が期待できます
  • スーパーキング樺茶エキス (1,000ml) 15,000円

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする